英語ビギナー、どれから始める?「読む」「書く」「聞く」「話す」

日本のお母さんやお父さんのほとんどは英語教育がない中で育っていますが、そのような親が子供に英語教育をしよう!英語を学ばせたい!と思う時代になりました。けれど、教えようにもコツがわからない。順序がわからないですよね。

でも、赤ちゃんを考えればマルワカリなんです。

もちろん「聞く」が最初!

赤ちゃんを考えればマルワカリ。赤ちゃんは、毎日お母さんや周りの人たちにたくさんの言葉を繰り返し話しかけていて、赤ちゃんの周りで話される言葉をたくさん聞いている。頭に体力の言葉がインプットされている。

次に「話す」

10ヶ月くらい経った頃から徐々に言葉が口から出てきますよね。そうした更に赤ちゃんにしっかり話しかけ言葉を浴びせてあげる。そのうちにどんどん言葉数が増えて、言ったことをすぐ覚えて真似しちゃう。発音も、親や周りの人から聞いたようにやる。世界共通で赤ちゃんがよく言われる言葉、「汚い」「だめ」なんて毎日何度も言われているから、早くに覚えて言えるようになりますよね。「私の言い方にそっくり・・・」そんな笑える瞬間や焦る瞬間がたくさんで面白い!

そして「読む」
親が絵本の存在を教えてあげて、一緒に読んであげて、少しずつひらがなを教えてあげたら、そのうち自分で読めるようになっていく。

だから英語も日本語学習と同じ。
聞く⇒話す⇒読む⇒書くの順番
で!

一応、日本の英語教育カリキュラムもこの順番で作られてるんです。でも、小3からというのは中国韓国など隣国の英語教育を見てもやはり遅いですし、どうせやることになるなら幼少期からやっとけばいいんじゃないでしょうか?特に「聞く」は耳のいいうちからやるメリットがあるわけですし。

「書く」は低年齢ではなかなか定着しないので、子供本人の意欲を見ながらでいいと思います。焦ってやらせる必要ない。絵本の読み聞かせだって忙しいと毎日は難しい。それなら週末だけでもいい。無理をせず習慣づけて続けてあげることが重要だと思います。

楽しんで。遊びの一環のように。
全然覚えないとか思わないでいい!上達度やそのスピードなんて気にしないでいい!!

最初の1年〜1年半くらい、英語の音楽かけたりネフリとかで英語のキッズアニメ番組を見せたり流しとくだけで十分だと思うんですよね。

だって、他に日常で「継続して」できることってそんなにないです。残念ながら、私たちが住むのはモノリンガルの国、日本なので、諦めるところは諦めなきゃいけない。一歩外に出れば英語が聞こえてくる国じゃない。なので、できることを継続してやればいいと思います。日本での英語教育ってそもそも「親子で挑む」長期プロジェクトだと思います。

じゃ、同じやるなら正しくやる方がいいし、子供だって同じ努力するなら正しく努力した方がいいので、例えば、ABCD・・・♪ってアルファベットの音楽を流すのではなくて、まずはフォニックスをかけてあげてください。YoutubeにKids用の動画がいくらでも出てきます。
アニメなんかは親の好みより子供が好むものをかけてあげてね。

うちの2歳の子を例に出すと、英語は自宅学習のみです。先ほど話したことを毎日やっています。1日5-6時間くらい英語流してます。

すると、Sorry mummy、Yummy、Ready go! Good nightとか、簡単な言葉だけど自分から言ってきます。最近は色を英語で言えるようになりました。簡単で良く聞く言葉からキャッチしてるのだと思いますが徐々に英語のワードが増えてきましたね。娘が覚えて使った言葉は必ず私も毎日娘に使うようにしてます。通じてる!合ってる!と思わせてあげるために。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です