いまだにアジア圏で日本がトップだと思ってませんよね?

我が子が海外進学をして以来、海外進学の情報の1つとして見るようになったイギリスの高等教育専門誌Times Higher Educationが発表する「THE 世界大学ランキング」。これを見て我が子に世界のトップ大学を目指せなんて言うつもりはないが、こういったサイトもチェックしていかなければ私のような日本育ちの親にはなかなか海外の大学の情報が得にくい。

そして、これによると2021年、日本のトップの東大は2020年と変わらず36位にランキングしたようだ。その上には中国の大学が2校、シンガポールの大学が1校、アジアの1位は20位にランクした中国の精華大学。そしてこれはアジアの大学としては初めて20位以内に入ったという快挙のよう。

「世界ランキングに入る大学どころか東大すら自分には関係ないわ〜」という話じゃなくて、(私だって東大自体は遠い世界・・・笑)「ランキングの評価基準が変わっちゃったから東大はランクダウンしただけでしょ」って話じゃなくて、

「同じ非英語圏の隣国の躍進の凄さを認識しよう」ってこと。

昔は東大もアジアのトップだった時があった。

さて、そのTHE世界大学ランキングの大学評価の基準について。

  • 5つの分野に分けられている。
教育力(Teaching) 30%
研究力(Research)30%
論文引用数(Citations)30%
産業界からの収入(Industry Income)2.5%
国際性(International Outlook)7.5%
  • 3つの分野については更に細かい指標がある

教育力・・・

評判調査                                                     15%
教員と学生の人数比                                    4.5%
博士号取得者の学部卒業生に対する人数比   2.25%
博士号取得者の教員に対する人数比      6%
大学全体の総収入                                        2.25%

研究力・・・

評判調査                18%
研究費収入               6%
研究の生産性              6%

国際性・・・

海外留学生の割合     2.5%
外国籍教職員の割合2.5%
国際共同研究の量2.5%

ちなみに、ランキングの評価基準が変わったとか東大のランクが急下降したとか騒がれたのは2016年でしたが、どの項目が不利になったかというと国際性。だから論文引用にも関わる。

日本の大学は基本的に「日本語」で講義や研究、研究発表がされているし、「日本語」で論文が書かれている。となると、海外の学生も英語が通じない国にわざわざ留学しに来ようと思わない。ということなので、そりゃ評価ポイントが下がってランクダウンするのは納得してしまう。やはり世界を見渡すと、先進国なのに一歩も二歩も遅れた日本

当面ランクは今の位置くらいを彷徨うのかもしれない。ですが、東大の研究力がないとかではないし間違いなくレベルの高い大学だと思いますが、日本の国際性の低さを世界に露呈していることが残念ですね。残念と言ってもそれが現実なので仕方がない。だから、私は我が子を海外に出したのだけれど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です